【予定帝王切開の不安を全て解消!】実際の経験からご紹介します!

双子妊娠
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、たえこです^^

妊娠中、赤ちゃんの頭が上を向いていたり(逆子)、双子などの多胎妊娠の場合、帝王切開で出産する可能性が出てきます。


しかし、帝王切開にはいろんな不安がつきものですよね。

意識があるままお腹を切られるなんて…怖い!!

と思う方も多いのではないでしょうか?


私もはじめはとても怖かったです。しかし後で思えばメリットがたくさんあると感じています。

帝王切開の様々な不安に対してどのように乗り越えられたか、実際の体験を交えてご紹介します!

こんなこと、不安に思っていませんか?
  • 意識があるままお腹を切るなんて怖い!
  • 後陣痛や傷跡ってどのくらい痛いの?
  • 出産費用がかさみそう・・・
  • 傷後はどのくらい残る?
  • どのくらい入院しないといけないの?

帝王切開の可能性が出てきたら、ぜひ読んでみて下さいね

スポンサーリンク

帝王切開中の痛みは一切なし!

予定帝王切開の場合、局部麻酔なので意識はありますが、胸から下は一切感覚がありません!

ですので当然、痛みも全くありません!


しいて言うなら、帝王切開前の麻酔は背中から入れられるので、少し痛みを感じるかもしれません。

私は、手術中にお医者さんや看護師さんと雑談をしていたら生まれました!!

帝王切開後の後陣痛や傷口の痛みには常に痛み止めが投与されます!

帝王切開をした後は、後陣痛と傷口の痛みが必ずといっていいほど出てきます。

これは帝王切開に対して不安を感じる大きな要因ではないでしょうか。

帝王切開の場合、24時間背中から硬膜外麻酔を入れます。


私は座薬も併用し、硬膜外麻酔が切れそうなときはすぐに座薬を入れてもらっていました。

そのため、麻酔が切れなければ大した痛みではありません!(痛みの感じ方には個人差があります。)

看護師さんが常に痛みに対応してくれるので、心配しなくで大丈夫!

出産費用は医療保険の適用でまかなえる!

帝王切開は、民間の医療保険、女性保険の適用対象となります!

女性疾病特約を付けておくことで、入院給付金、手術給付金に上乗せして給付金を受け取れます。


そのため、事前にしっかり準備していれば帝王切開しても費用面での心配はいりません!

事前に必ず保険会社に確認し、保険適用となる女性疾病特約を付けておきましょう!

加入時期が遅いと入れないことも…早めに相談しておきましょう!

傷跡の残り方は個人差が大きい

帝王切開を受けると、どうしても傷跡は残ってしまいます。

傷跡が目立たないように横に切る方もいるようですが、一般的なのは縦だそう。


ケロイド体質などの場合は傷ぐちが紫色に盛り上がってしまうこともあります。

そんな場合は出産後時間の取れるときに皮膚科に行って処置してもらうのも1つの手ですね!

傷跡は赤ちゃんを命がけで産んだ勲章だと思えるといいですね

帝王切開の場合の入院日数は7日~10日程度

入院日数(母体に特に異常がなかった場合)
  • 経膣分娩の場合  3日~5日程度
  • 帝王切開の場合  7日~10日程度

帝王切開の場合の入院日数は、病院の判断や母体の状況によりますが、7日~10日間になります。

入院日数は長くなりますが、初めて赤ちゃんと生活する10日間です。

授乳やおむつ替えの練習。日々出てくる不安なことを助産師さんに相談できる貴重な期間になります。


入院期間は穏やかな気持ちで、これから始まる赤ちゃんとの生活の準備期間にできるはずです。

私は、いろんな種類の哺乳瓶や搾乳機を試したりもできました!

まとめ:予定帝王切開にはメリットばかり!

いかがでしたでしょうか?^^

帝王切開は、経膣分娩に比べて赤ちゃんが安全に生まれてくる可能性が高いとも言われているそうです。

はじめは「怖い!」と思ってしまうかもしれませんが、少しでも励みにしていただけると嬉しいです。



良ければこちらの記事も参考にしてみて下さい!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました